サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート
サイクルショップ金太郎 お店の地図 お店の地図
お店の場所をご確認頂けます。googleマップで検索も出来ます。
サイクルショップ金太郎 定休日案内 定休日案内
お店の定休日のご案内です。
  
サイクルショップ金太郎 取り扱いメーカー一覧 取り扱いメーカー一覧
当店の取り扱いのあるメーカーをご紹介しております。
サイクルショップ金太郎 修理工賃表 修理工賃表
当店での修理工賃を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 金太郎の5つのこだわり 金太郎5つのこだわり
当店のこだわりのポイント解説してます。
サイクルショップ金太郎 防犯登録について 防犯登録について
法律で義務になっている防犯登録について、掲載しております。
サイクルショップ金太郎 盗難保険について 盗難保険について
当店で取り扱いの盗難保険のご案内です。
サイクルショップ金太郎 金太郎のワンポイントアドバイスについて 金太郎の
ワンポイントアドバイス
様々な自転車に関するアドバイスを掲載しております。
サイクルショップ金太郎 自転車の豆知識コーナー 自転車の
豆知識コーナー
自転車に関する様々な豆知識を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 リンク集 リンク集
当店で取り扱いのあるメーカーのリンク集です。



グリップの握り方???


グリップなんて、力任せに握ってたらいいやんって声も聞こえそうですが、もちろん種目によってもそのほうがいい時もあります。
ピストなどの短距離では、ずっと力いっぱいに握ってるでしょう。

しかし、今日は一般的にMTBやロ−ドなどを乗る場合です。

もちろん、力いっぱい漕ぐ場合はその限りではないのですが、通常流してる場合などは、あまり力を入れないほうがいいのです。

理想は、ここぞ!って言う時だけ強く握り、あとは軽く添えておくって程度が理想だと思います。

また、ハンドルを強く握ってる時も、MTBなどで山道を走る場合は、腕や肩や背筋まで力が入らないようにしないといけません。

腕である程度の凸凹の衝撃を和らげる事が出来ますし、バランスが取り易くなります。

また、ハンドルを引くといった動作も、基本的なフォ−ムを変えない程度に、右ペダルを踏むときは右手を、左ぺダルを踏むときは左ペダルを引くような感覚で運転すると、力のロスも少なく疲れにくくもなります。

しかし言葉で表現するのは非常に難しい部分もあり、その方の通常の乗車フォ−ムや、ペダルをどのように踏む癖があるかなどによっても違うのですが、一度いろいろ試して見ましょう。

またMTBの場合は、どんな状況下でも、ブレ−キレバ−に人差し指と中指はかけておきましょう。いざ車などが飛び出しても対処できるようにです。

薬指と小指でしっかりグリップを握っておくのが基本です。

しかし、これも好みがありますので、私が普段無意識にしてるのは、人差し指と小指でグリップを握り、中指と薬指はブレ−キレバ−に指をかけておくという握り方をしています。