サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート
サイクルショップ金太郎 お店の地図 お店の地図
お店の場所をご確認頂けます。googleマップで検索も出来ます。
サイクルショップ金太郎 定休日案内 定休日案内
お店の定休日のご案内です。
  
サイクルショップ金太郎 取り扱いメーカー一覧 取り扱いメーカー一覧
当店の取り扱いのあるメーカーをご紹介しております。
サイクルショップ金太郎 修理工賃表 修理工賃表
当店での修理工賃を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 金太郎の5つのこだわり 金太郎5つのこだわり
当店のこだわりのポイント解説してます。
サイクルショップ金太郎 防犯登録について 防犯登録について
法律で義務になっている防犯登録について、掲載しております。
サイクルショップ金太郎 盗難保険について 盗難保険について
当店で取り扱いの盗難保険のご案内です。
サイクルショップ金太郎 金太郎のワンポイントアドバイスについて 金太郎の
ワンポイントアドバイス
様々な自転車に関するアドバイスを掲載しております。
サイクルショップ金太郎 自転車の豆知識コーナー 自転車の
豆知識コーナー
自転車に関する様々な豆知識を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 リンク集 リンク集
当店で取り扱いのあるメーカーのリンク集です。



ダイエット効果の高い自転車と呼吸法について

女性の方必見!って訳でもないですが、ダイエットの言葉に気にならない女性の方はほとんどいないはず!

自転車は曲型的なエアロビックス運動です。

つまり呼吸をしながら、長時間にわたって続けれる運動です。

心拍計などを使い練習した事ある方はわかると思いますが、自転車は普通に走ってても心拍数が100くらいにすぐなります。少しスピ−ドをあげた乗り方をするとすぐに120〜140くらいになります。

しかし、このくらいの心拍数なら何時間も続けれそうな気がします。ではそれはなぜか?

例えばマラソン選手などはフルマラソンをすると、わずか2時間少しの時間のレ−スですが、一度フルマラソンを走ると1ヶ月くらいは休養をしないと、次のレ−スはできないそうです。

しかし自転車などは?自転車レ−スの最高峰のツ−ルド・フランスやジロ・デ・イタリアなどは20日間など連続で毎日6〜8時間とか連続で走り続けます。

もちろんその間の心拍数はきっと160〜200くらいになっているでしょう。

コ−スも毎日200〜300キロの距離で標高2000m級の峠を何個も越えていきます。それでも自転車ならそれだけ強度な運動しても続けられます。
ではそれはなぜか?

・風で体温が下がる
・膝に負担が少ない
・景色など変化があるので飽きずに続けられる


などほかには色々あると思いますが、簡単にいうと体にやさしい大変有効な有酸素運動だからです。

他のスポ−ツではこれだけ心拍数の高い状態を保ち運動を何時間も続ける事は不可能に近いからです。

しっかり呼吸をする事で体に酸素が多く取り入れられ、体脂肪が燃えダイエット効果もかなり高いのが自転車です。

ダイエットに効果的な心拍数は120〜140くらいを保つ事です。
心拍計を取り付けて心拍計を見ながらダイエットをするとよりよい効率的なダイエットが可能になります。



ではオススメしたい呼吸法は?

通常でしたらペダリングとリズムを合わしてする呼吸法。普通にやると片側はいつも吐き、片側はいつも吸う動きになってしまいます。

そこでオススメなのが「2回吐いて1回吸う方法」。これだと3ストロ−クが1単位になるので、吸う時のペダリングが左右交互になります。

よかったら一度試してください。

あとよく女性の方で心配になられるのが、
自転車に乗ると足が太くならない?というのをよく聞きます。

もちろん競輪選手みたいにウエイトトレ−ニングばかりすると太くなる事があるかもしれませんが、普通に自転車に乗っているだけなら、まず太くなる事はないです。

しっかり続ける事でむしろ脂肪が燃え、間違いなく細くなります。

しっかりしたフォ−ムで自転車にのると、体全部の筋肉(背筋や腹筋や腕など)が使え全身のダイエットにも大変有効です。

長距離を走ってる自転車選手を見るとよくわかると思いまが、みんなびっくりするほど足が細いです。

外国などでは自転車選手とモデルをかねてしてる方も結構いらっしゃいます。

正しいダイエットは脂肪を燃やしてほどよい筋肉をつける事です。

自転車はかなり効率のいい有酸素運動ですのでがんばって続けてみましょう。