サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
サイクルショップ金太郎 お店の地図
お店の場所をご確認頂けます。googleマップで検索も出来ます。
サイクルショップ金太郎 定休日案内
お店の定休日のご案内です。
サイクルショップ金太郎 取り扱いメーカー一覧
当店の取り扱いのあるメーカーをご紹介しております。
サイクルショップ金太郎 修理工賃表
当店での修理工賃を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 金太郎の5つのこだわり
当店のこだわりのポイント解説してます。
サイクルショップ金太郎 防犯登録について
法律で義務になってる防犯登録について掲載しております。
サイクルショップ金太郎 盗難保険について
当店で取り扱いの盗難保険のご案内です。
サイクルショップ金太郎 金太郎のワンポイントアドバイスについて
様々な自転車に関するアドバイスを掲載しております。
サイクルショップ金太郎 自転車の豆知識コーナー
自転車に関する様々な豆知識を掲載しております。
サイクルショップ金太郎 リンク集 リンク集
当店で取り扱いのあるメーカーのリンク集です。

下りになってもペダリングを

ツ-リグなどに行ってしんどい坂を登りきって、下り坂になると、登りで力をつかいしんどいのでついつい下り坂では足を止めてしまいます。

場合にもよりますが、ほとんどの場合ペダリングをしながらブレ-キをかけながら下るほうがいいです。

それはなぜか?まず、登り坂では足を使い、足に乳酸がたまってます。

この乳酸をとるのはじっと足をとめてるより軽い運動しているほうが乳酸が取れやすいからです。

ましてや下り坂で足を止めてると足が冷え、ますます足が動かなくなってしまします。冬場などは特にです。

どんなスポ-ツでもク-ルダウンは必要です。たとえば競輪選手の場合、レ-スが終わるとレ-ス中の場合は勝手にバンクを走る訳にいかないので、ロ-ラ-(もちろん3本ロ-ラ-です)に20~30分乗ります。

こうする事により乳酸がたまるのが少しでも早く解消できます。

もう一つの理由は、後輪に常に駆動力をかけてるほうが安定があるからです。

これは自転車以外でもバイクや自動車でも同じ事が言えます。ただ場所によってはペダルをこがずにペダルを水平に保ってバランスをとるのに集中しているほうがいい場合もあるので、場合により使いわけてください。


自転車本体を探す 店舗関連
GIANT(ジャイアント) CENTURION(センチュリオン) お店のご案内 取り扱いメーカー一覧
LIV(リブ) RITEWAY(ライトウェイ) お店へのアクセス 当店公式LINEについて
FOCUS(フォーカス) SCHWINN(シュウイン) お店の地図 サイトマップ
corratec(コラテック) TNI(ティーエヌアイ) 定休日案内
Facebook
BOTTECCHIA(ボッテキア) FACTOR(ファクター) 提携駐車場のご案内
twitter
FELT(フェルト) TAOKAS(タオカス) 店長の金太郎日記(ブログ)
GT(ジーティー) 修理工賃表
【サイクルショップ金太郎】3196kintarou.com
サイクルショップ金太郎 内之倉 順二
大阪府堺市西区浜寺石津町中4丁10-18
072-280-3678/お問い合わせはこちら
Copyright (c) サイクルショップ金太郎 all rights reserved