サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
◇MTBの種類について◇
マウンテンバイクと言っても実に様々なものがあります。
メ-カ-によっても名前の呼び方が違ったりコンセプトが違ったりと実に様々です。
その中で一般的なものをジャイアントの製品に例えて紹介していきます。

◇クロスカントリ-系
元々このような名前は競技の名前でつけられてるのがほとんどなのですが、その競技に相応しいコンセプトの自転車になります。
クロスカントリ-はアップダウンのある山岳コ-スで、それを走破してタイムを競う長距離レ-スです。
マウンテンバイク版ロ-ドレ-スに近いかもです。
大きな岩があるわけでもなく、比較的整備されたダ-トコ-スを走ります。その為車体も軽量に仕上げられてます。
通常フロントサスペンションのストロ-ク量は60mm~80mm。
もちろん軽量な自転車の為、街中でも快適です。

◇フリ-ライディング系
これが本来のマウンテンバイクの面白さを楽しめるモデルかもしれません。
クロスカントリ-モデルとダウンヒルモデルの中間的な位置に存在し、比較的アップライトなポジションで、サスのストロ-ク量も80mm~100mmとクロスカントリ-モデルよりも多めのストロ-ク量です。
そしてクロスカントリ-モデルではついてないリアサスもついてます。
またダウンヒルモデルと比較しても車体重量は軽めで、様々な場面での万能選手でもあります。

◇ダウンヒル系
ダウンヒルモデルは下り坂を駆け下る競技です。下り専用の設計の為にフロントチェーンホイールは1枚しかないのも特徴です。(最近では、そうじゃないものもあります)
ダウンヒルモデルはものすごいスピードで駆け下るためフレームは必然的に剛性の高いものになり、車高は低いフロントサスペンションは、ダブルクランクと呼ばれるクラウンが2ツある剛性の強い構造でストローク量は120ミリ~200ミリもあります。
また基本はディスクブレ-キで、油圧ディスクが定番になってます。
ただ、かなり丈夫に作る必要がある為、車体重量はかなり重たく20キロ近いモデルもザラにあります。
世界戦やコ-スなどによっては80km以上のスピ-ドで駆け下りることもザラにあります。

◇デュアルスラロ-ム系
デュアルスラロ-ム系モデルは、岩場などをクリアしたり、街中の障害物などをクリアしたりするのに向いてるモデル。
メ-カ-などによっても呼び名もコンセプトも様々ですが、一般的にフロントサスペンションのストローク量は80ミリ~100ミリくらいで、ハンドルを長めにしサドルは前のほうを高くしてバランスをとりやすくするのが一般的です。
ダ-トジャンプ系とも言う?

◇トライアル系
ここまでくるとマウンテンバイクとは全く別物かもです。
街中もとても乗れません。3mもの岩の上から飛び降りたり、ジャンプのみで岩場などをクリアするような自転車です。
ギア比もとんでもなく軽いギア比がついてて、腰をあげたまま乗る自転車ですので、サドルも付いてません。
ブレ-キもコントロ-ルなんて必要なし!ブレ-キはロックさせてなんぼの自転車です。その為マグアの油圧カンチや、油圧ディスクなどが標準でついてます。

自転車本体を探す 店舗関連
GIANT(ジャイアント) FOCUS(フォーカス) お店のご案内 取り扱いメーカー一覧
LIV(リブ) corratec(コラテック) お店へのアクセス 当店公式LINEについて
LOUISGARNEAU(ルイガノ) SCHWINN(シュウイン) お店の地図 サイトマップ
GT(ジーティー) CENTURION(センチュリオン) 定休日案内
Facebook
FELT(フェルト) その他 提携駐車場のご案内
twitter
RITEWAY(ライトウェイ) 店長の金太郎日記(ブログ)
修理工賃表
【サイクルショップ金太郎】3196kintarou.com
サイクルショップ金太郎 内之倉 順二
大阪府堺市西区浜寺石津町中4丁10-18
072-280-3678/お問い合わせはこちら
Copyright (c) サイクルショップ金太郎 all rights reserved

このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。